通学制と合宿制

Pocket

普通自動車第一種の運転免許を取得する方法には、通学制と合宿制があります。通学制は家と自動車教習所の往復、合宿制は教習所指定の宿舎と自動車学校の往復で講習や試験を受けることになります。通学制は自分で決めたスケジュールで講習、試験を受けることになり、合宿制は自動車教習所が決めたスケジュールで講習、試験を受ける形になります。

通学制の場合はどんどん講習を受けなかったり、技能講習の予約が取れなかったりすると、そのぶん卒業までの日数が長くかかります。合宿制は技能講習の予約が取れないことはなく、ほぼ毎日昼間は講習を受ける形になるため、合宿制のほうが短期間での卒業を目指すことが可能です。具体的な運転免許取得までの期間は通学制で2~3ヶ月ほど、合宿制で2~3週間ほどです。

なお、何度も仮免試験や卒業試験で落ちる、卒業後すみやかに免許センター・試験場での学科試験を受けて合格しないということになると、運転免許取得までの期間は長くなってしまいます。このほかに注意したいのは費用に関する問題で、試験で不合格だった場合は再試験の費用が発生することがあるほか、合宿制の場合には試験で不合格になると滞在日数が延びてしまうため、その分の滞在費が追加で発生してしまうことがあります。